投資戦略

ポートフォリオ

【トータルリターン】マークス、2021年12月のトータルリターンを確認する。

■2021年12月末のトータルリターン マークスです。 明けましておめでとうございます。 2021年最後の月は一貫して上昇する絶好調な月となりました。 高インフレが一時的であるという認識を改め、テーパリング完了時期...
売買履歴

【トータルリターン】マークス、2021年11月のトータルリターンを確認する。

■2021年11月末のトータルリターン マークスです。 11月は波乱多き月でしたね。 月初から中旬に掛けては加速する経済正常化の波と主要な企業の良好な決算を背景に株価は上昇傾向となり、NYダウやナスダック、S&P...
売買履歴

【トータルリターン】マークス、2021年10月のトータルリターンを確認する。

■2021年10月末のトータルリターン マークスです。 10月は先月から続く円安傾向に歯止めが掛からず、利上げ時期の早まり観測からの米長期金利上昇と相まって暫くこの傾向は続くとのアナリスト予想もあります。 金利が上昇する...
スポンサーリンク
売買履歴

【トータルリターン】マークス、2021年7月のトータルリターンを確認する。

■2021年7月末のトータルリターン マークスです。 7月は6月末からの強気な市場センチメントを反映し、中旬までは一貫して上昇していましたが段違いの感染力を持つデルタ株の感染拡大から経済再開が鈍化するのではないかとの懸念が広が...
個別株

【ZM・NIO・CRM】マークス、保有グロース株の値動きを確認する。

■昨夜のNYダウ マークスです。 昨夜のNYダウは小売売上高をはじめとする生産者物価指数などの経済指標が軒並み予想を下回ったことからから売り優勢となり、前日比$177.26安の$30,814.26と$31,000を割り込んで引...
投資戦略

【ブルーウェーブ】マークス、バイデン新政権誕生を受けて21年投資方針を検討する。

■『ブルーウェーブ』の実現 マークスです。 先週末のNYダウは米上院議会の議席を民主党が過半数を占めることが確定となり、停滞していた大規模な財政刺激策が早期の実施期待とブルーウェーブとなることでバイデン新政権の政策実現の見通し...
ポートフォリオ

【トータルリターン】マークス、2020年12月のトータルリターンを確認する。

■昨年の振り返りと今後 マークスです。 明けましておめでとうございます。 2020年の締めくくりとなった昨夜のNYダウは前日比$196.92高の$30,606.48と史上最高値を更新して取引を終えました。 コロナパ...
個別株

【CRM】マークス、セールス・フォースのポートフォリオ新規組入れを検討する。

■現在の米国株式資産と年間受領配当金見込み額の確認 マークスです。 先月下旬、NYダウが今まで超えそうで超えられなかった$30,000の壁を破り、その株価上昇に合わせて米国株資産評価額が節目である1,000万円の大台に乗りまし...
個別株

【PM・XOM】マークス、NYダウと原油価格を確認し、買い増し銘柄を検討する。

■米感謝祭前のNYダウ マークスです。 26日のNY市場は感謝祭で休場となっていますが、今週24日にNYダウは史上初となる3万ドルに乗せ、節目を迎えました。 その後、感謝祭前の一昨日25日は調整が入り3万ドルを割り込んで...
個別株

【MCD20Q3】マークス、マクドナルド(MCD)の2020年第3四半期決算発表を確認する。

■昨夜のNY市場 マークスです。 バイデン新大統領誕生が確実となりましたが、議会上院は共和党、下院が民主党とねじれが発生し、企業への増税は実現困難との観測の他、中道派であるバイデン氏であれば世界経済も上向きになるのではという安...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました